top of page

Student Group

Public·224 members
Betty Stanley
Betty Stanley

女 教師 官能 小説

人妻女教師ー美智子 [強姦輪姦 官能小説]

女教師と天才詩人少年の純愛! そして個性的豊かな12人の少年少女の成長の物語。 カサン帝国の若き女教師オモ・ヒサリはカサンの植民地アジェンナ国の片田舎 milky 女性のためのアダルトサイト. milky 官能小説. 女性向け官能小説が読み放題!! 名前変換機能付きで妄想も自由自在♪ 専属作家たちによる魅惑の世界をお楽しみ 理乃は高校の教師になって1年が経とうとしていました。. 男子女子の隔てなく、多くの生徒から慕われています。. しかし、そんな理乃を心良く思っていない生徒が一部にはい


-----------------------------------------------------------------------------------------

🔴▶ ▶ >>> ここでビデオを見る ➡➡➡ https://rb.gy/i5rrb

(リンクをコピーしてブラウザに貼り付けます)

-----------------------------------------------------------------------------------------



駄目なセンセイがアホ可愛すぎる ジャンル 異世界ファンタジー 現代ファンタジー SF 恋愛 ラブコメ 現代ドラマ ホラー ミステリー エッセイ・ノンフィクション 歴史・時代・伝奇 創作論・評論 詩・童話・その他 二次創作.だめ貴族だもの。 / 風祭 憲悟.アルドライド王国の東の果てのさらに南の果て、 最辺境に住む貧乏準男爵の一人息子ミストは将来爵位を継ぐために、 王都グランセントの学院で貴族となるための勉強を終えた、 その三年間は….女家庭教師(ガヴァネス)リディア・クラークの楽しい授業 ~準備はよろしくて? わたくしの生徒たち~ / 完菜.俺は高校教師(天才高校教師は秘密がいっぱい) / 川向こうのジェロ吉さん.小さい頃師の死亡により日本に帰ってきたマサシ 親は死に、誰も頼る人がいない中東大を卒業 その日に就職先は倒産一か八かの面接に 女子校で繰り広げられるドタバタラブコメディ! の予定.担任である桜宮先生は、三十歳になるまでに結婚しないといけない事情を抱えていた。しかし、三十路間際になっても、婚約者はおろか彼氏もいない。 このままでは、お見合い結婚になり、好き….女生徒の歌 / つきのはい.私は教師でした。 花村さんという受け持ちの生徒がいました。 彼女は、私によく自分の著作を見せにきていました。.淳と美女たち / ああいいかも.淳と女教師 先生 とのエッチな戯れ.姉喰い勇者と貞操逆転帝国のお姉ちゃん! ゴミスキルとバカにされ続けた姉喰いギフトの少年、スキル覚醒し帝国最強七大女将軍を堕としまくる。 / みなもと十華@お姉ちゃんシリーズ好評連載.ぼく、やっちゃってます 色々な意味で.元伝説の戦士が敵対組織に転職したようです。 / 吉岡 我龍.真宝使 翔子(28歳)は過去の柵に囚われ続けて生きてきた。 14年前、プリピュアとして仲間と共に戦った鮮烈な青春と栄光の記憶。 あの時以上に何かを手にしたくて日々燃え尽き症候….超短戯話/悪り子はいねがぁ / 銀河自衛隊《ヒロカワマモル》.小学校で校長と教頭と女教師が行方不明になった。 新任の校長が目を付けたのは黒いソファー。 そしてまた校長が行方不明になった。.私の恋人は今日も教壇にいます ~こいしらシーズン2~ / 星月小夜歌.とある高校に在籍する少女の話。 クラスメイトに手を出し、教師に手を出し、あちこちで好き放題している彼女の日常。 後輩も先輩も、教師も彼女の前では一匹の雌に過ぎなかった。 恋も、….悪の幹部やってるけど変身ヒロイン(年上)に目を付けられているらしい / 他津哉.女子高育ちのお嬢様教師はだらしない僕にだけ特別な愛をくれる~ちいさくてかわいい雛ちゃんせんせえは大人扱いをしてほしい!~ / 望月わらび.職員室にいたのは、ちっちゃくておおきい美少女教師だった。 国語教師の雪吹竜は彼女と出会って以来、ひそかに想いを寄せている。 桜のようにきれいな髪をしている女教師、桜屋敷雛。 ある….ミハルの青空教室 / 谷地雪.好きな先生に告白した結果 / bsjsjsvahnsjdb.主人公高橋涼介普通の青年 ヒロイン中山ももか今年新しく涼介の学校に来た先生.恋を知らない女子高生は女教師に恋をした / 星月小夜歌.希望 百合専門.妖怪の村の小さな学校 《アジェンナ国物語~少年少女編》 / rainy.女教師と天才詩人少年の純愛! そして個性的豊かな12人の少年少女の成長の物語。 カサン帝国の若き女教師オモ・ヒサリはカサンの植民地アジェンナ国の片田舎スンバ村に….レスキュー / おばけがでたよ.ませた色の女生徒と男性教師の掌編小説です *この物語は、法律・法令に反する行為を容認・推奨するものではありません.新子友花はいつも元気なんだから、聖人ジャンヌ・ダルクさまにお願いしまくっちゃいけないんだぞ! んもー!! ラノベ部編 / 橙ともん.人気作から探す コンテストから探す ランキングから探す 特集から探す 公式連載から探す 二次創作から探す 新着レビューから探す.ジャンルから探す 異世界ファンタジー 現代ファンタジー SF 恋愛 ラブコメ 現代ドラマ ホラー ミステリー エッセイ・ノンフィクション 歴史・時代・伝奇 創作論・評論 詩・童話・その他.その他 自主企画 人気のタグ ピックアップ 新着小説 近況ノート新着記事 小説検索.ヘルプ・ガイド カクヨムガイド ヘルプ カクヨムからのお知らせ 利用規約 / ロイヤルティ規約 サポーターズパスポート規約 特定商取引法に基づく表示 ガイドライン プライバシーポリシー. 映像系の専門学校を出ただけの、クリエイターの卵のタマゴにしか過ぎない雄一は、知人の紹介で映像の仕事をもらって、海女の取材に向かいます。 でも、今の海女はウェットスーツを着る時代。昔ながらの装束は観光海女の仕事。リアルを採るか見栄えを採るか。 現地に着いて、どうしようと迷う雄一に、海女組合から1つの提案が… (文章の中で、日本古来の素潜り漁を扱っている部分がありますが、この話はフィク….本作品は作品のテーマ上、過激な性や暴力表現がございます。本作品をお読みいただく場合、十分に留意ください。  なお本作品はフィクションであり、本作品に登場する人物やまた団体は一切実在せず、実在の人物や団体とは関係ありません。.親友の社長夫人とその令嬢を犯し、調教するエロスロマン。 美少女JKは満員電車で初めての官能を知る。 絵に描いたような幸せな家族であった。 父はダンディーで会社の社長をしている。 母は女優のように美しく上品であった。 娘は美少女女子高生。 そんな平和な家庭に一人の野獣が侵入する。 竹内という熊のような男は下品に物を食べ、イヤらしい視線を香奈子と圭子に向ける。 おぞましい男の来客を….校門をくぐっていた。  ジーンズの中でおれのペニスはちょっと勃起していたから、ペニスがジーンズに擦れて歩くのがどこかぎこちなかったが、おれはそんなことよりもいまの状況に興奮をおぼえ、しんぞうのばくばくがとまらない。  それはつまりスマートフォンのけたたましいアラーム音からすべてがはじまったのだ。  おれはうそかと最初おもったが、近くにいたオフィスレデイーにいたずらを、つまりそれはスカートを….連載 全て 完結.新作順 更新順 総合評価順 おすすめ度順 評価件数順 得票数順 ページ数順 降順 昇順.小説一覧 夏祭りの思い出 ~ 神社裏で彼女が・・・ 作家:袋小路 中学2年の夏、僕は水野さんというクラスの人気者に恋をしていた。ある日、夏祭りに行ったときに、水野さんと二人きりになった。あちらこちらの夜店を楽しんで夢のような時間が過ぎていった。水野さんは浴衣姿で可愛くて、僕の手をにぎってくれた。でも、水野さんはトイレに行きたくなって、神社裏の草むらで… 島の少女(海女編) 作家:きさらぎ ゆき 映像系の専門学校を出ただけの、クリエイターの卵のタマゴにしか過ぎない雄一は、知人の紹介で映像の仕事をもらって、海女の取材に向かいます。 でも、今の海女はウェットスーツを着る時代。昔ながらの装束は観光海女の仕事。リアルを採るか見栄えを採るか。 現地に着いて、どうしようと迷う雄一に、海女組合から1つの提案が… (文章の中で、日本古来の素潜り漁を扱っている部分がありますが、この話はフィク… 女子中学生 入試面接の恥辱~続『恥ずかしの高校ミスコン』~ 作家:塩塚黒樹 抜群の学業成績にもかかわらず、貧しい家庭環境ゆえに進学先が限られていた美少女優等生・園原紗雪。そんな彼女に舞い込んだのは、私立和天高校からの特待生推薦入学の話だった。その破格の待遇の裏にあるものに思いもよらず、夢に向かって入試に臨んだ少女を待ち受けるものは何か? 他の受験者たちもまた、何を見るのか……? 高校受験。第一志望校を目指す光矢(中学3年)の自宅には、大学4年美人家庭教師『香織』が頻繁に訪問していた。 志望校に合格する為に始めた一からの総復習。真面目に勉強さえしていれば家庭教師を頼む必要もないが、光矢は勉強になど興味はなかった。おかげで家庭教師を呼ぶ破目になったのだ。.香織「先生のことが・・・・・なに?どうしたの?」   光矢「あの.....いや、そのぉ.....」 志望校に合格する為に力を入れるはずの勉強が、香織に褒められたい一心で力を入れるはずの勉強に変わり、香織に勉強を教えてもらうその時間だけを楽しみに毎日を過ごすようになる。そんな心変わりは男の性とでも言ったらいいか、中学生という多感な時期には仕方なく当然とも言えるはずなのだ。.香織「なに?言ってごらん。」 光矢「好きですっ!!」 香織「・・・・・光矢くん。」 美人家庭教師の香織に好意を寄せてきた生徒など一人や二人ではないはずだ。香織に褒められたくて努力をし、純情な愛の告白をしてくる生徒を何人見てきたのだろうか。.香織「おかあさんには内緒だよ・・・光矢くん。」  光矢「はい!絶対に何も言いません!!」 やはり、香織は「そのような」シチュエーションに慣れ過ぎているのだ。途端にムードをエロに切り替えることができる。 香織「がんばってるからご褒美あげるね...」 デスク椅子に腰掛ける多感な少年のペニスはチャックを突き破って今にも飛び出しそうな勢いである。 香織は眼鏡の僅かなズレを直しては厭らしい目つきで、光矢のズボンとトランクスを丁寧な手つきで脱がしていた。 まるで、「今日はHな勉強を教えてあげるね」と露骨に言っているようなものである。 光矢「先生...なんか恥ずかしいです・・・」  香織「若いから、元気だね。光矢くんのとても立派。」 ギンギンな光矢のペニスは、先生の綺麗な口でソフトクリームを舐めまわすように「してもらいたい」と思っている。 香織は何度も何度も厭らしく眼鏡のズレを直しながら、ペニスを眺めて続けている。 光矢「そんなに見られたら恥ずかしいです...」 香織「じゃあ、少し部屋暗くしようね。」 天井の電気の紐を引っ張り、オレンジ色の豆電球だけで部屋が照らされた。.香織は、自身のバックからボトル状の何かを取り出し、その中に入っている透明な液体を自らの口に含ませてからハンカチを膝元に置く。 光矢のペニスは香織の口にヌッポリと吸引される。香織の口からは透明な潤滑油が唾液に混じりながら滴り落ちる。ペニス全体が暖かく包み込まれる。亀頭が香織の喉奥にぶつかるのを微かに感じていた。 ローションフェラをする香織の口は下品でだらしない。淫らでだらしない。光矢のペニスを咥えてだらしなくなる。 光矢「もうだめです....先生...きもちよくて逝きます」 香織は上目遣いにこちらを見上げ静かに淫らに頷いた。 光矢は、しばらくの間頭の中が真っ白になっていた。意識が遠退きながら香織がティッシュとハンカチを使い、淫らな口の中に発射された濃厚な種を処理する姿を黙って見ていた。 香織「光矢くん、勉強よくがんばったね。スッキリできた?」  光矢「うん...先生のこと大好きです・・・」  香織「おかあさんには、内緒だよ」  光矢「はい・・・絶対に言いません」.英語学概説の授業を受け持つ鈴木美和先生は、三十を少し超えたぐらいの人で、ショートボブの髪の後ろの方にいつも寝癖をつけていた。銀縁のメガネをかけて、化粧はしているがファンデーションにいつもムラがあって、首と顔の境目がバカ殿ぐらいハッキリしているときもある。つまりスキがある女なのだ。  授業の声は小さく、生徒の顔も見ずに淡々とあらかじめ作られたレジュメをおどおどと読むだけ。消極的にもほどがあった。  もともとの顔の作りは、目鼻立ちがしっかりしているので決してブサイクではないのだが、その性格が外見にもにじみ出てしまっていて、印象は暗く地味だった。  口の悪い男子生徒などは、授業中に「絶対ミワちゃんは処女だよ」と噂話を本人に聞こえるぐらいの大声でしていた。  確かにあれは処女だろう、と、今田哲哉も教室の片隅の席で思った。.鈴木先生はしばしば、いったいどういうセンスでこの服を選んで着たのだろうか? と不思議になるほどの突飛な着こなしで教室に登場する。  一度などは、それ、お婆ちゃんのお古?と思えるような地味な薄茶色のワンピースを着ていた。  今日の衣装もスゴかった。上は白のブラウス、下はなんと黄色いスパッツ一枚で登場したのだ。しかもブラウスはやけに丈が短い。  スパッツのおかげで下半身のボディラインがあらからさまに出ていて、男子生徒は色めきだった。彼女の一点に男たちの視線が集まったのだ。  教壇の先生の股間に、くっきりとマンスジが浮き出てしまっていた。女子生徒たちもさすがに引いている。  鈴木先生は意外とむちむちな下半身をしていた。太ももはほどよく発育し、ソソるカラダつきだった。それにしても、このマンスジ食い込みはすごい。黄色い縫い目のない薄い布切れに、ぷっくりとしたヒダがきれいに左右に分かれて浮き上がり、一本の美しいラインが真ん中にスーッと気持ちいいぐらいに通っている。  しかも黒板に向かったときに見えたお尻も、異常なくらいに肉感的だった。男子生徒たちはおそらく全員が勃起していたにちがいない。女子生徒のなかには頬を赤らめている子もいた。.英語学概説の授業が終わり、今田はサークルに顔を出した後、借りていた本を図書館に返却する日だったことを思い出した。もうすっかり日が暮れている。今田は慌ててキャンパス内にある図書館の建物に向かったが、既に図書館には人の気配はなく、「閉館」のプレートが下がっていた。  軽く舌打ちをして建物を出ようとした今田の目に、あざやかなものが飛び込んできた。  女子トイレから出てきた鈴木美和先生の後ろ姿だった。黄色いスパッツのお尻がまぶしすぎる。その欲情をかきたてる臀部の膨らみを少し遠くから視姦していると、妙なものが目についた。左のおしりのほっぺたに、何か付いていた。これはちょうどいい機会だと、今田は先生に声を掛けた。.きもちよくて逝きます」 香織は上目遣いにこちらを見上げ静かに淫らに頷いた。 光矢は、しばらくの間頭の中が真っ白になっていた。意識が遠退きながら香織がティッシュとハンカチを使い、淫らな口の中に発射された濃厚な種を処理する姿を黙って見ていた。 香織「光矢くん、勉強よくがんばったね。スッキリできた?」  光矢「うん...先生のこと大好きです・・・」  香織「おかあさんには、内緒だよ」  光矢「はい・・・絶対に言いません」 光矢は、香織という美人大学生エロ家庭教師のおかげで、ますます勉強に力を注いでいくのでありました。.美和は言った。「今田くん、わたし、この歳まで処女守ってたんだから、それなりの覚悟はあるんだよね?」  今田の背中に、ひとすじ冷たい汗が流れた……。.

About

Welcome to the group! You can connect with other members, ge...

Members

bottom of page